お知らせ

くも膜下出血の原因と早期発見の重要性

くも膜下出血の名前を耳にしたことはあると思います。

当院での利用もございます。

若年者での発症は珍しくなく

高齢者と原因が異なりますので

書いていきたいと思います。

くも膜下出血は、

脳動脈瘤(80%)と脳動脈奇形(10%)の

大きく2つの原因があります。

その他もやもや病など(10%)

脳動脈瘤は高血圧や動脈硬化など

生活習慣が元で生じます。

一方脳動静脈奇形は

先天的(生まれつき)に

動脈と静脈がくっついてしまっている

シャントがあります。

あるいは拡張・蛇行した血管の塊がある状態を指します。

放置すれば出血が起こります。

だいたいの場合頭痛によってくも膜下出血に

気づく事が多いとされていますが、

検査(CT・MRI)をすることで

早期発見できることもあります。

その他に髄液検査等。

医療保険でのリハビリサービスは

基本的に最大150日とされています。

その後は介護保険あるいは保険外でのサービスとなります。

宮城県内で平成30年に

くも膜下出血が59歳以下152人の

発症が記録されています。

60歳以上では273人が発症しています。

そこまで珍しい感じはしませんよね。

仕事に戻りたいけれど、介護保険が使用出来ず

その他リハビリサービスをお探しの方も多いかと思います。

くも膜下出血は、発症後の死亡率が1/3と言われており

予後(発症後の経過)も不良とされています。

後にお話しますが、重篤な合併症があるからなんです。

何が言いたいかというと

若いから発症しないわけではありませんので、

自分は大丈夫と過信せずに事前検査が重要ということです。

もし、発症前にくも膜下出血を発見できた場合は

薬での管理や発症後と同様の手術を実施する

事になると思います。

ですが、くも膜下出血を発症してしまった場合は

3大合併症のリスクが伴います。

  • 再発
  • 脳血管攣縮
  • 正常圧水頭症

生命の危険はもちろん、脳血管攣縮や正常圧水頭症を生じた場合は

麻痺や歩行障害等出現する事がありますので、

リハビリが必要となってきます。

事前に脳動静脈奇形や瘤を処置できれば安心ですよね。

そして、在宅ワーカーが増加しているため、

食生活の乱れや運動不足による高血圧(脳卒中リスク因子)

の方も比例して増加すると考えられます。

もう一つ重要なこととして、医療保険サービスを

終了した後のサービスを知るということです。

宮城県でも医療保険利用後の利用機関への連携が

課題となっています。

復職やスポーツ復帰、旅行や生活の自立など

目標を叶える為には、必要且つ利用できるサービスを

知っておく必要があるということです。

まだまだ周知されていませんが、

医療・介護費増加傾向の現状では保険外のサービスは

増えていくことが予想されます。

例えば当施設ヒポクラテスでは、

くも膜下出血後の後遺症で

お悩みの方に対して、維持ではなく改善を目標として

1回90分の施術や運動を実施しております。

よく90分の施術は長くないかと

質問されることがあります。

医療・介護保険内で

私がリハビリをしていた時は

1回が20~40分でした。

実際のところ定期的な検査や書類作成、

問診などを実施していると施術時間は

とても短く感じました。

更に施術後の変化が表れても

効果を持続・向上させていくためには

セルフエクササイズが大切です。

なぜか?

今まで使っていなかった筋肉を働かせたり、

これまでと違う身体の使い方を覚える必要があるからです。

時間が十分に確保できていれば

回数やタイミング、正しいフォームなのか

しっかり把握・安心して臨めるようになります。

介護保険利用対象であっても介護保険リハビリでは

維持目的のリハビリです。

これからもっと活動するために

充実したリハビリサービスを受けてみませんか。

参考文献:岡庭豊 病気がみえる vol.7 脳・神経 第1版 110~123