お知らせ

発症から3年経っても改善を諦めません!

「3年経っていても良くなりますか?」

「脳梗塞を患って3年経っていますが、
リハビリの効果はありますか??」
ある日お電話でいただいた質問です。

「効果に個人差はありますが、
経験上良くなる可能性はあります」
当施設からさせていただいたご返答です。

実際に理学療法士としてリハビリをしていると
ご病気になってから年単位で経過している方を
担当させていただくことがありますが、
良くなる可能性のある方が非常に多いです。

その理由は大きく3つです。
①退院した後リハビリをしていない
②リハビリはしているが、時間や回数が少ない
③受けているリハビリにマッサージが多い
どういうことか解説していきます。

病院でのリハビリは手厚い環境

脳梗塞など脳の病気になると、
リハビリを集中的に行う、”リハビリテーション病院”へ
入院することが多いのですが、
理学療法士(PT)・作業療法士(OT)が
毎日マンツーマンで担当してくれます。
”365日リハビリ”と謳い休みなく行う病院もあります。

そのくらい入院中は集中してリハビリができます。
ですが、長くても半年、平均では約3か月しか
受けられません。
国の医療保険制度ですので、仕方ないのですが、
専門家としては「もったいない」、
「もっとできたらもっと良くなるのに」と思うことがあります。

退院した後は介護保険によるサービスを受けることが
一般的ですが、症状や身体状況によって
週1~2回、1回40分など病院で受けていた頃より
かなり時間が短く、回数が少なくなります。

デイサービスなど理学療法士がいない施設に
通われる方はリハビリを受けられないこともあります。

また、訪問リハビリを受けていても、
「マッサージが多くて運動が少ない」
「歩く練習をしてもらえない」
といった声も聴かれます。

そういった方へリハビリをさせていただくと、
こちらも驚くほど効果が出る時が多いです。
例えば、ずっと奥様に支えられて何とか歩いていた方が
3ヶ月後に一人で歩けるようになった方や、
動かなかった手がお茶碗を持てるようになり食事が楽になった方が
います。

こういった経験をしていくと、
脳梗塞という病気は脳の損傷によって身体に麻痺(まひ)が
残る物ですので、身体を動かすことは重要性を再認識します。
ですが、なかなか思う環境下でリハビリを続けている方は少ないことも
強く感じます。

発症からの3年経っても効果があります

しっかり効果が出るリハビリ施設をつくる!
そのような想いで開設したため、
当施設では1回60分または90分と
長時間リハビリが受けられるコースをご用意しています。
お身体の状況や目標へ必要な回数、期間をご助言し、
ご自身で選択していただくことができます。

お電話で「効果が出る可能性があります」
とお伝えした理由がお分かりになりましたでしょうか?

多くの方が退院後のリハビリ環境に不安を感じています。
このままで良くなるのか?
と悩まれている方が本当に多いです。

ここ、「脳梗塞リカバリースタジオ」では、
漫然としたリハビリ環境を変えたい、
もっと良くなりたい、
とお考えの方に選ばれています。
このブログを読んで、興味を持たれた方は
是非ご相談下さい。

専門家として丁寧にご相談にお答えします。

理学療法士 鎌田