お知らせ

介護予防教室の開催~フレイル予防~

先月のイベントになります。

地域の介護予防教室で講演をさせていただきました。

今回は『フレイル予防』をテーマに介護予防教室を開催。

フレイルとは何か

開催してみてどうだったのか

今回のブログも最後までお付き合いお願い致します。

フレイルについて皆さんはご存じでしょうか。

フレイルとは、健康と要介護の中間の時期を指します。

わかりやすく言うと『健康寿命』の事ですね。

要支援2~要介護2の認定を受けた4割以上の方が

5年以内に要介護3以上の認定を受けています。

つまり要介護を予防して健康寿命を保つことが大切となります。

そしてフレイルは日本語で虚弱を意味します。

何が弱るのか…。

そう!筋肉が弱る事を指します。

筋肉ばかりではなく

フレイルは大きく3種類ありますので、それぞれご紹介致します。

  • 身体的フレイル

ロコモティブシンドロームやサルコペニアを指します。

ロコモは、筋肉・靭帯・骨などの障害によって歩けなくなること

サルコペニアは、加齢によって筋力が低下することです。

共通しているのは筋肉ですね!

  • 社会的フレイル

1人で生活する、ご飯を食べることも要素となります。

  • 心理・認知的フレイル

鬱や認知機能が該当します。

やはり筋肉と思ってしまいますよね。

私も驚きましたが、

健康寿命を延ばしていくためには、

②社会的フレイルの予防が効果的だと

わかりました。

1人で運動を頑張るよりも、

他者とのコミュニケーションを積極的にとることで

フレイルは予防しやすいとの報告があります。

それもなんと1/3にリスクを軽減できるとのこと。

コロナウイルスで中々接触などが難しい日々が続いており、

一回いっかいの機会を大切に生活していきたいですね。

参加いただいた地域の皆様は真剣に参加されていて、嬉しく思いました。

表情も素敵でしたが、質問も多く大変に盛り上がりました。

各種運動や運動量・負荷の設定、

痛みと運動の兼ね合いなど

皆様で共有したい内容ばかりで、延長したいと思うほどでした。

ありがとうございました。

運動は継続して欲しいとお話しましたが、

最も大切なのは他者とのコミュニケーションであり、

フレイルを予防して元気でいるために

『皆で明るく体操をしましょう』

と閉めさせていただきました。

運動はもちろん、

栄養学の話やフレイルの簡易的なチェックなども実施しました。

身体の仕組みや運動に栄養、生活の方法まで参考になったとのお声や

運動習慣の意味・意識づけができたとの反応が多かったので嬉しく思いました。

個人的に運動メニューを作ってほしい。

運動を継続するために痛みを取ってほしいといった方は

ぜひヒポクラテスに脚を運んでみてください。

講演依頼も受け付けておりますので、お声がけいただければと思います。

今後もブログの閲覧、リハビリサービスのご利用をよろしくお願い致します。