お知らせ

冷え性と筋肉

仙台は寒くなりましたね。

女性はこれからの季節特に辛いのではないでしょうか。

という事で冷え性とその対応についてお話していきます。

まず冷え性とは

「血行不良」が原因で手足などの末端が冷えたり、

人によってはほてりやのぼせを感じる事もあるそうです。

男性と比較して女性は筋肉が少なく体脂肪が多いために、

体が熱を作りにくく冷えやすくなります。

血液は心臓から全身に送られますが、

末端ほど血液が届きにくくなりやすいです。

そして加齢や筋量、血流や血管機能の低下により

送られてきた血液を心臓に返す力も低下していきます。

なので手足に冷えが出やすくなります。

私が好きなアルコールやフットサルですが、

アルコールは筋肉を分解して壊してしまう事がありますので

冷えが辛い方や筋肉をつけていきたい方にはお薦めできません。

有酸素運動は適度にお薦め致します。

後からお話しますが、自律神経を整えるために

とても良いかと思います。

しかし、筋量を増やすためには

トレーニングが必要であり、

有酸素運動では脂肪より先に

筋肉を減らしてしまう事がありますので

あまりに過度に走るようなことは

冷え改善にはお薦め致しません。

坂道歩行やエアロバイクなどに傾斜を設定して

ゆっくり長く歩く事がいいかと思います。

そして、血行不良の他の原因として

自律神経の乱れも挙げられます。

自律神経(交感神経・副交感神経)の役割として

活動する時(交感神経)と休む際(副交感神経)の

メリハリをつける働きをします。

例えば、運動の際は交感神経が活発に

就寝時や飲食物の消化の際には副交感神経が働きます。

その他に暑い時は血管を広げ体温を下げ、

寒い時はその反対の働きをします。

自律神経を改善するためには、

ストレッチ・マッサージ、

適度な有酸素運動や入浴が良いとされています。

ヒポクラテスではあなたに合った運動やストレッチを

お伝え致します。

痛みや痺れだけが悩みではありません。

「どこでみてもらえばいいかわからない」

そんな時でも

ぜひご連絡をお願い致します。

栄養のお話もよくしていますので

ブログの表紙には冷え性におススメの食品を挙げています。

その他にも

人参・にんにく・れんこん・ごぼう・大根・ねぎなども

おすすめです。

効率よく筋肉量や代謝を挙げられるよう

サポートしていきます。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また栄養や生活など

ためになるような病気や怪我以外のお話もしていきます。

整体のホームページブログも書いていますので

そちらのぜひ閲覧をよろしくお願い致します。