ご利用者様の声

洗濯物を干す時に腕が伸びるようになり、歩く時のふらつきが減った

肘が伸びて洗濯が楽になっています。
膝の変形や痛みの不安が解消されて自信になりました。

当施設での症例、改善効果について詳細な情報を掲載しています。

具体的な症状指や腕が伸びない 距離は歩けるが歩き方も改善したかった
発症からの期間15年前
利用者様の希望・洗濯物を干す動作が辛い
・今後歩き続けられるか不安
・ふらつきを改善したい
ご利用プラン4回目

主なリハビリ内容

  • 肩~手先にかけての筋肉のリリース
  • 足首~趾にかけて徒手による可動性練習

改善効果

リハビリを開始して3回目ですが、既に麻痺側の肘が伸びるようになり頭上での動作が可能になっています。元々は90°まで肘を伸ばすことが限界でしたが、ベッドに降ろせるまで伸ばせるようになっています。歩行もリハビリ後は歩き方が変わり、ふらつきも改善しています。

担当セラピストのコメント

肘や指を曲げる可動性に制限がありましたが、洗濯やパソコン業務など腕を使う事が多いため、可動性や動きの自由度がどうしても必須でした。まずは無意識に使用頻度が高く硬くなっている筋肉を柔らかくする事で腕が伸ばせるようになり洗濯物を干しやすくなっています。今後は指の動きを促してキーボードの入力も速く出来るように練習していきたいと思っています。歩く事に関しては、麻痺のない側の膝が内側に入ってしまい、体を支える機能や安定性に課題がありました。デイサービスの後は歩いて帰るなど積極的に運動されている一面があり、膝の変形や痛みのリスクも想定されます。正しく関節が動く事、それに伴い筋力もしっかり発揮できる事により、継続して歩けるとと考えています。これは経験測ですが、今後リハビリを続けていけば、ある程度の距離は杖を使用しなくても移動できるようになると思います。引き続き頑張って取り組んでいきましょう。

理学療法士 鎌田

効果には個人差があります

初回限定体験コース

12/30まで 4,980円