ご利用者様の声

「歩きにくい・・・」から、仕事や旅行に自信を持って行けるまで

専門家にみてもらう事で課題がわかる

当施設での症例、改善効果について詳細な情報を掲載しています。

具体的な症状・歩きにくい
・移動が多い仕事なので不安
発症からの期間4ヶ月
利用者様の希望・病気の前みたいに仕事や旅行に行きたい
・そのために必要な課題や改善すべきこと知りたい

主なリハビリ内容

  • 麻痺側の脚を開くエクササイズ
  • 足の指の運動や甲にある骨の動きの拡大
  • 股関節・骨盤のランジエクササイズ

改善効果

「麻痺した左足や股関節に体重が乗る感覚がわかってきた」、「足の指にしっかり体重を乗せて歩き方がわかった感じがする」等、リハビリを重ねる毎に自信を持つことができました。以前のように仕事や旅行にも行けるように取り組んでいます。

担当セラピストのコメント

顕著な麻痺(腕が曲がってしまう)がないため、後遺症が少ない状況で生活は自立できています。しかし、細かい足の感覚など見た目ではわからない点にまだまだ改善するところや出来る課題があるのではないかと来店してくださいました。仕事や旅行を再開したいと明確な目標があったことも改善効果を高める活力になっています。お身体・動作を確認すると麻痺側(左)股関節に体重が乗らず、歩行で大事な「足の指で床を蹴る」事が難しい状況にありました。まずは骨盤・股関節に体重を乗せる運動に取り組み、徐々に股関節に体重をかけられるようになっていくのを確認することで左脚でも長く立っていられるようになりました。体の気づかないところに、発症後使わなくなってしまった部位があるものです。体重がかかる感覚を養った事も安定した歩き方に繋がったと言えます。「変わりたい」「不安を解消したい」という思いがあり、積極的に運動をされていました。仕事や旅行のために「長く歩く」という目標に向かって、負担がかかりにくく安定感のある歩き方の獲得を目指していきます。

理学療法士 鎌田

効果には個人差があります

初回限定体験コース

12/30まで 4,980円